不妊治療という考え方

不妊治療を経て妊娠する方法

不妊治療を乗り越えて妊娠

不妊治療の考え方というのは、妊娠しにくい原因を治療して妊娠の可能性を高めていくことにあります。不妊の原因が排卵しにくい状態にある場合には、排卵誘発剤を使用して排卵を促進していきます。また、男女ともに原因があるような場合は、タイミング療法を行ったり、人工授精を行って精子と卵子を近づけていく治療を行っていきます。このように、女性の年齢や原因などを考慮して、治療を進めていきます。不妊治療を経て妊娠しやすくする方法として、卵巣や子宮などの機能や、女性ホルモンの分泌をスムーズにしていくことで、妊娠しやすい体を作り出すことができます。そのためには、生活習慣を見直すことも大切です。一般的に冷え性の女性は、子宮周辺の血行が悪くなってしまい、ホルモンの分泌や着床しにくくなると考えられていますから、質のいい睡眠をとり、喫煙にとりくむ、アルコールを控えるなど、血行不良や冷えの原因となる習慣を改善することが大切です。冷えを解消する方法は、首や手首、足首などの大きな血管が通っている部分を温めるようにし、夏場でも湯船に入るなどして、手足の先まで血行をよくすることが大切です。このように、冷えを解消する方法を試して、妊娠しやすい体を作っていきましょう。

↑PAGE TOP